イメージ画像

准看護師が看護師を目指すには

看護師は国家資格ですし、出世もできます。 しかし准看護師は出世はできませんし、 大きな病院などで務めることもできません。 もしもより深く看護について学びたいのであれば、 看護師を目指してみるのも良いと思います。

准看護師が看護師になるには看護学校に通わなければなりません。 看護学校では昼間ですと2年間、夜間や昼夜間ですと 3年間通えば国家試験を受験することができるようになります。

また、准看護師として10年以上実務経験のある人ならば 通信制の看護師養成学校で2年間勉強すれば受験資格がもらえます。 通信制大学としてお馴染みの放送大学と連携しており、 通学が難しい人にはおすすめの学習システムだと思います。

看護師を目指すことで、より深く看護について学ぶことが できますし知識も更に豊富になります。 豊富な知識を習得できれば、今まで以上により深いケアを 患者さんに提供することができるようになると思います。 実習では、准看護師のときとは違いより ハイレベルなものを要求されるので 准看護師のスキルアップには最適だと思います。

実は、かなり昔から准看護師は廃止されると噂されてきました。 確かに現場に出てしまえば准看護師だろうと看護師だろうと 仕事内容に差があるというわけではありません。 それなのに、給料は看護師の方が遥かに上です。

それってどうなんでしょうか?と問題視をしたのか 准看護師制度を廃止するかもしれないとささやかれていますが、 人件費の安い准看護師を積極的に募集している 病院もありますので、なかなか話が進んでいないようです。

まず看護師と准看護師では仕事に差はないにしろ、 知識の差やスキルが格段に違いますし、 国家資格であるというところにも差があります。

もしも、准看護師制度を無くして統一化するというのならば 教育体制を整えなければなりませんし、 統一化が本当だとしてもまだまだ時間はかかりそうです。 しかし、准看護師が看護師になることで スキルアップするのは事実です。

もっと高い給料が欲しい、もっと看護について知識を得たい、 職場選択の幅を広げたいなど思ったら、 看護師を目指してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ