イメージ画像

大学病院で看護師として勤務をする

もし看護師としてキャリアアップをしたいと思っているのなら 大学病院で勤務することをおすすめします。 大学病院では、よりレベルの高い知識や技術が学べますし。 総合病院よりも遥かに幅広い症例の患者さんが 訪れますので様々な経験を積むこともできるのです。

大学病院は最新の医療設備が整っており、 一般的な病院では診断できなかった病気などを検査するために 訪れる人もいますし、治療が難しいため大学病院へ 訪れる患者さんなど本当に様々な人が来ます。 それだけ大学病院って信頼されているということなのでしょう。

そのため、大学病院で働くにはより高いスキルが求められます。 場所にもよりますが、実務経験の無い看護師は応募できなかったり、 また臨床経験のある看護師でなければならないという大学病院もあります。 ですので、大学病院で勤務すれば、 他の職場の看護師よりも年収が比較的高くなります。

やはりそれだけ専門的な知識も必要とされるわけですし ハイレベルなスキルも求められているというわけなのです。 しかしその分給料も良いですし、 また待遇も他の職場よりも良い場合があるのです。 例えば、小さなお子さんがいる場合、 院内の保育所に預けることができるなど 働きやすい環境が整っているのです。

そして、特別な資格も必要ないので、 看護師である以上は誰でも大学病院で働けるというわけです。 しかし、一般の病院から大学病院へ転職するのは 結構簡単なのですが、その逆の大学病院から 一般の病院への転職は意外と難しいようです。 大学病院はより高い知識やスキルを求められるのに なぜ一般の病院への転職は難しいのでしょうか。

その理由は、一般的な病院では1人の看護師が 何人もの患者さんの担当になります。 しかし、大学病院は看護師の数が多いですので、 担当する患者さんは1人だけということも多いのです。

そのため、一般的な病院へ転職し、何人もの患者さんを 相手にしなくてはならなくなったときに 効率が悪く手が回らなくなったりするという問題が発生するのです。 大学病院で勤務していたというとブランドのような扱いになりますが 実は一般的な病院では使えないなんてことがあるのです。

ですので、もし大学病院から他の職場へ転職したいと 思ったら、職場環境をしっかりと調べておいた方がよいでしょう。 しかし、スキルアップをしたいのならば 大学病院で勤務をしてより高い知識と技術を 身に付けるということはおすすめです。 スキルアップを考えている人は大学病院を 視野に入れておくのも良いと思います。

このページの先頭へ