イメージ画像

これからの助産師の役割

 少子化や訴訟の影響で廃院になる産婦人科は少なくない。  そのため助産師は供給過多なのかというと、そうではないのです。  看護師同様、医療従事者は慢性的な人材不足に陥っています。

 しかし、出産時陣痛促進剤や会陰切開などのすぐに医療行為を行い、出産「させる」という傾向を嫌う妊婦が増えてきました。よって自然のままに任せたいという思いから、助産婦の元で自宅出産を迎えたいという希望が高まっています。

 そのような要望に応えられるだけの助産師は多くありません。  そもそも助産科の学校自体が少なく、入学するための倍率も高いのです。助産師を育成する機関そのものが充実しておらず、助産師になること自体が困難な状況です。

 さらに、数の不足により思わぬ事件が起こってしまいます。結果、訴訟問題まで発展するケースがあり、このようなプレッシャーから助産師を続けられない方がいるのです。  この問題に対する机上の策はあるものの、なかなか実行に移されずもどかしいところです。

 助産師は少子化等の影響で、産科が減り働き方も変わってきました。病院や診療所の数が減ってはいますが、助産師の需要は高まっています。 お産を取り扱うのはもちろんのことですが、女性の一生において性や健康のサポートに重きを置く仕事も増えてきました。

ですから助産師を求める場所は、今や病院や助産所だけにとどまりません。  助産師のこれからの展望は、産前・産後以外の幅広い分野に注目を向けるべきでしょう。  核家族が増える中、初産だけでなく経産婦も育児に関して頼れる存在が必ずしもあるとは言い切れません。

そのような方たちの心に寄り添い、時にアドバイスや指導をする役割の幅を広げていくことではないでしょうか。 たとえば学校での性教育の指導や、会社や一般での健康相談等です。このようなサポートは、医師にかかるほどではないとためらっている方には朗報です。

 巷で流れる情報に惑わされる女性もおり、結果正確な知識を持たないまま妊娠・出産をしてつらい思いをする方もいます。  そのような状況を作り出さないため、助産師は女性の幸せを作るという役割を新しく担えばよいのではと思います。

このページの先頭へ