イメージ画像

助産師の転職時期

転職活動を行うとき、年代によって考え方や理由が変わっていますよね。助産師も同じです。20代で転職する時の心構えと、40代で転職するのでは意味合いも変わってくるのではないでしょうか。助産師の転職を20代で考えている人は、キャリアアップよりも生活からの影響を受ける年代です。

もちろん諸々の事情があるかとは思いますが、たとえば配偶者の転勤や転職によって住む場所が変わる場合や、自身の妊娠・出産をきっかけとする転職活動は、あまりよい方向ではありません。また同じような理由によって辞めてしまうという印象をぬぐえないからです。

同じくすぐに辞めてしまうだろうという印象を持たれるのが、その年代で数回の転職を繰り返している人です。助産師の数は少なく、すぐに良い人材が見つかるかどうかもわかりません。

見つかったとしても、その職場の規則を初めから教えなければなりませんから、そのような無駄に手間のかかる方を採用するのはなかなか難しいと思われます。

ですが、年齢的を考えればこれから長く続けられる人材ですから、それほど転職活動が困難になるとは思えません。30代や40代と同じ転職でも、まずは一か所の職場でキャリアを積み、明確な動機や目標を掲げて転職活動に臨む方が吉です。

では30代の転職活動はどうでしょうか。30代は技術や知識もさることながら、助産師自身の経験は職場にとってこれ以上はないくらいの宝です。特に情緒不安定な妊婦・産婦のケアは、想像以上に気苦労が絶えません。この年代は、先輩女性として余裕を持って対応できます。

30代の転職は、生活も落ち着く頃合いでしょうから、一番良い時期と考えられます。 では熟練の40代の転職はどうでしょう。技術や知識はもちろんのこと、精神的な余裕も、生活も30代と比べるとさらに安定しているのではないですか。

ですが、統計として40代の転職は復職という形で転職される方が多くいます。つまり、ブランクがあるのです。その場合は、いきなりフルで働くのは体力面から言ってもきついですから、研修を受けるなどして臨むと良いです。

そして何より、自身の出産や子育ての経験は産婦にとって、また病院にとって強力な手助けとなります。面接時に積極的にアピールしましょう。

助産師とはいえ、転職活動は決して楽ではありません。けれどもそれぞれの年代の特性を考えて行動に起こせば、良い職場が見つかるはずです。

このページの先頭へ