いま人気の企業看護師について

企業看護師 > 企業看護師求人の状況と内容について

企業看護師求人の状況と内容について

医療機関で働く常勤の看護師さんはみんな毎日ハードな環境の中でお仕事をしています。患者さんの容体ひとつで残業になってしまったり、職場の環境でストレスを抱えたり、心身ともにとても大変なお仕事です。それに比べて企業看護師は、一般の企業の医務室などで社員の健康管理を行うのが主な仕事なので、重症患者の対処などに追われることもありません。

勤務形態も普通の企業と同じく就業規則に準じており、土日祝日は休みであったり残業もほとんどないので、企業看護師を目指す看護師は年々増えてきています。ここでは、そんな人気の企業看護師の求人状況とその内容について、詳しく見ていきたいと思います。

まず、求人の状況についてですが、正直かなり競争率が高くなっています。その理由は、求人数が非常に少ないからです。なぜそこまで少ないかというと、全ての企業が企業看護師を雇用しているわけではないからです。

大体、企業看護師を抱えている会社は大手の企業である場合が多いです。ただでさえ不景気な現状では、中小の企業が企業看護師を雇うことは非常に難しくなっています。そのため、必然的に企業看護師の求人件数は少なくなってしまいます。

また、大手企業でさえも景気に左右され、企業看護師の人員枠を狭めることもあります。それに加えて、企業看護師として優先的に採用されるには保健師資格を持っている方が有利になってきます。さらに企業看護師は、その働きやすさから永年勤続する方が非常に多く、辞職する方が滅多にいません。これらの現状が、企業看護師の求人の少なさの要因になっています。

次に、企業看護師の求人の内容についてです。企業看護師の応募は、正社員と契約社員とパートの3種類があります。正社員になる場合は、もちろん他の社員と同等の扱いになるので、お給料に加えボーナスももらえます。また、退職金なども福利厚生面でも保証が多いです。

一方契約社員の場合、契約期間や勤務時間、給与形態などをあらかじめ決めた上で契約を結ぶ働き方になります。ほとんどの場合、正社員との待遇に差はないですが、退職金やボーナスはなく、契約期間も1~2年での更新制となります。

そして、アルバイトやパートとしての雇用ですが、こちらが現状の雇用形態では一番多くなっています。しかし企業内の医務室勤務ということから、時給制のパート雇用であっても、フルタイム勤務での募集が多く見られます。

また、大体の求人がパソコンの基本操作が必須条件となっています。なので、企業看護師を目指す方は看護師の資格以外にも、ワープロ検定などの資格もとっておいた方が、面接の際に有利になるかと思います。

これらが企業看護師に関する求人状況とその内容の説明です。しかし、企業看護師に求められるものは他にもあります。それは、社会人としての一般的なビジネスマナーやコミュニケーション能力です。

病院で常勤看護師として勤務を続けていると、どうしても一般的なマナーやルールに関する知識が乏しくなってしまいます。病院から一般企業というまったく別の世界に飛び込む場合、いろいろと戸惑うことが多いかもしれません。

しかし、働いていくうちに徐々に慣れて、身につけていけばいいものです。心配や不安は多いとは思いますが、まずは企業看護師の求人を探すことが第一です。ぜひ、専門の求人情報に特化した転職支援サイトを利用してみてはいかがでしょうか。