イメージ画像

企業看護師求人の状況と内容について

医療機関で働く常勤の看護師さんはみんな毎日ハードな環境の中でお仕事をしています。患者さんの容体ひとつで残業になってしまったり、職場の環境でストレスを抱えたり、心身ともにとても大変なお仕事です。それに比べて企業看護師は、一般の企業の医務室などで社員の健康管理を行うのが主な仕事なので、重症患者の対処などに追われることもありません。

勤務形態も普通の企業と同じく就業規則に準じており、土日祝日は休みであったり残業もほとんどないので、企業看護師を目指す看護師は年々増えてきています。ここでは、そんな人気の企業看護師の求人状況とその内容について、詳しく見ていきたいと思います。

まず、求人の状況についてですが、正直かなり競争率が高くなっています。その理由は、求人数が非常に少ないからです。なぜそこまで少ないかというと、全ての企業が企業看護師を雇用しているわけではないからです。

大体、企業看護師を抱えている会社は大手の企業である場合が多いです。ただでさえ不景気な現状では、中小の企業が企業看護師を雇うことは非常に難しくなっています。そのため、必然的に企業看護師の求人件数は少なくなってしまいます。

また、大手企業でさえも景気に左右され、企業看護師の人員枠を狭めることもあります。それに加えて、企業看護師として優先的に採用されるには保健師資格を持っている方が有利になってきます。さらに企業看護師は、その働きやすさから永年勤続する方が非常に多く、辞職する方が滅多にいません。これらの現状が、企業看護師の求人の少なさの要因になっています。

次に、企業看護師の求人の内容についてです。企業看護師の応募は、正社員と契約社員とパートの3種類があります。正社員になる場合は、もちろん他の社員と同等の扱いになるので、お給料に加えボーナスももらえます。また、退職金なども福利厚生面でも保証が多いです。

一方契約社員の場合、契約期間や勤務時間、給与形態などをあらかじめ決めた上で契約を結ぶ働き方になります。ほとんどの場合、正社員との待遇に差はないですが、退職金やボーナスはなく、契約期間も1〜2年での更新制となります。

そして、アルバイトやパートとしての雇用ですが、こちらが現状の雇用形態では一番多くなっています。しかし企業内の医務室勤務ということから、時給制のパート雇用であっても、フルタイム勤務での募集が多く見られます。

また、大体の求人がパソコンの基本操作が必須条件となっています。なので、企業看護師を目指す方は看護師の資格以外にも、ワープロ検定などの資格もとっておいた方が、面接の際に有利になるかと思います。

これらが企業看護師に関する求人状況とその内容の説明です。しかし、企業看護師に求められるものは他にもあります。それは、社会人としての一般的なビジネスマナーやコミュニケーション能力です。

病院で常勤看護師として勤務を続けていると、どうしても一般的なマナーやルールに関する知識が乏しくなってしまいます。病院から一般企業というまったく別の世界に飛び込む場合、いろいろと戸惑うことが多いかもしれません。

しかし、働いていくうちに徐々に慣れて、身につけていけばいいものです。心配や不安は多いとは思いますが、まずは企業看護師の求人を探すことが第一です。ぜひ、専門の求人情報に特化した転職支援サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

一生ものの資格!気になる看護師の給料

女性の場合、結婚や出産などで一時的に仕事から離れてしまう事があります。もう一度仕事に復帰したいと思った時に強い武器になるのが資格です。

特に看護師などは、女性の仕事の中でも産休や育休が取りやすい職業でもあり、何よりも平均年収469万という高い給料も魅力です。

一般的な女性の年収の平均が269万なのでその差は何と、200万もあります。

女性の場合、子育てをしながら働くという形を選択していると、どうしても正社員ではなく、パートや派遣社員など比較的自由に動ける形態で仕事を探してしまいがちです。

その事を考えると、看護師の年収と一般的な女性の年収を数字の上だけで比べるのは多少ずれが出てしまう気もします。しかし、看護師などの資格を持っていると、転職や就職をするとき、かなり恵まれた環境で仕事探しを行う事ができます。

看護師の仕事は、常に現場は人出不足と言われています。医療にかかわる仕事のため、医療現場の技術や機械的な発展に合わせて自分自身も知識を身につけていく事が必要とされます。そのことを考えると、スキルアップした分収入アップも見込める仕事でもあります。

看護師の求人は山ほどありますが、求人を探す時は自分にあった働き方や専門分野をはっきりと見定めてから仕事探しを行う事が大切です。一言で看護師の仕事をするといっても、沢山の職種があります。

また働く場所もクリニックや小さな診療所、大学病院や総合病院など、病院の大小や、産婦人科や内科、小児科など、選ぶ診療科によっても働き方やお給料の差があります。

転職先を探すときには、自分がどのような診療科にいきたいか、お給料はいくらまでほしいか、日勤のみや、日勤夜勤、夜勤専従など働く時間帯も様々あるため、いろいろな求人を比較して十分に検討するようにしましょう。

看護師の仕事は専門的なもののため、そのキャリアを積めば積むほどお給料アップも見込め、さらに高待遇の転職先を見つける事もできます。このことを考えると、看護師のような専門的な仕事は日々勉強で、学べば学ぶほど、収入に直結してくると言っても過言ではないようです。

男性看護師が活躍できる職場(オペ室・精神科)

まだまだ看護師業界の中で少数派の男性看護師。 男性ならではの活躍の場はたくさんあります。 具体的にはどんな職場に男性看護師の需要があるのか見ていきましょう。

1.オペ室看護師

オペ室看護師には病棟勤務とは異なる技能が求められ、特有の仕事があります。 強い精神力とコミュニケーション能力、体力、そして論理的思考が求められるため女性よりもむしろ男性に向いていると言えます。

器械出しでは手術の流れを理解した上で、執刀医の要求を先読みし看護師の瞬時の判断で器具を手渡していく必要があります。 一度の手術に使う器具は通常20〜30で、ハサミだけでも複数あり、その中から適切なものを進行を見ながら予測し、差し出せなければいけません。

またオペ室では全ての診療科目の手術を扱うため、様々な手術の流れを理解しなければならないなど、覚えることも非常に多くあります。 術後に全ての器具が術前と同数あるか確認するのもオペ室看護師の仕事です。 ここで確認を怠れば、重大な医療ミスや過誤の発覚を見過ごすことになってしまいます。

大手術などは4〜5時間かかることもあるため、体力のある男性はその点からもオペ室看護師に向いていると言えるでしょう。 生死に直面したハードな仕事内容ですが、その分やりがいや喜びも大きく達成感を感じることができます。

2.精神科勤務

精神科も男性看護師の需要が多い職場です。 不穏状態の患者さんの対応はやはり腕力・体力のある男性の方が適しています。

暴れたり、他の患者さんや看護師に暴力を奮おうとしたり、自傷行為をしようとしている場合などは力で抑えなければならない時もあります。 また、男性患者が女性看護師にセクハラ発言や行為があった場合も男性看護師が対応すれば問題ないことがほとんどでしょう。

女性看護師も対応に不安を感じるときがあるため、男性看護師を十分な人数配置してほしいと希望しています。 働くうえで周囲から頼りにされるということはやりがいを強く感じられ、モチベーションを維持するためにも大切なことです。

このページの先頭へ